後ろ向きから前向きへ~降水といった対話する編・フィニッシュ章・第二部前編~

はじめまして。素晴らしい天候ですね(降水)
今どき決まった曜日に降水が降ってる主旨安いですか? はぁ、分かりませんか。
降水ってちょっと拒否でして。服が濡れるってのも違和感はあるんですけどね。それよりも雨具に不満があるんですよねぇ。
雨具というと、かっぱとかポンチョとか、傘とか。乳幼児の頃は小雨決行の遠足の日光は割とメランコリーでした。
ありゃ、正真正銘警備できないか。かっぱだと足下がお留守ですよって言わんばかりに車からのしぶきくらうし、傘なんてタブー。
否傘も有難い文明の利器ですよ? 手持ちで冒頭からの扇動()を回避できる優れ物ですよ? 一番発明した人は秀才。降水が嫌いだからこそ生まれたんだろうし、僕と気の見合う馴染みになれたという。
とはいえ、僕は降水というとりどりコミュニケーションをとってきました。殴り合いの紛争もとりどりしました。一方的に濡れたのは僕ですけどね!ww
青春のゼロサイトに、降水の中央自転車を思いっきり走らせたことだってあります。何だかんだ好きなんだな、降水の事例。
しかしながら雨具、とくに傘がもたらす副作用が、自分が降水を拒否とする目的の仲間になっているわけで。
降水の日光に傘さしますよね。横殴りの降水は、きっと、ええ、避けられないとしてね、冒頭から降って生じる降水なら傘で防げますよね。濡れる店を抑えられるっていうのは体温遠慮にも影響しますからね。
冒頭から降ってきた降水が、傘に突き当たり、雫となって垂れて行く。←ええこちら。ここ試しに出ますよ!
雫が服に落ちたら通常濡れるじゃん!!!という。
もうちょい具体的に言うと、「積荷とりどり背負ってるときに傘を指すといった、背負う積荷は守り抜き切れず、しかも傘からしたたる雫で局地的に濡れる」みたいな感じ。
おうちに帰って背負った手提げおろすとびしょ濡れ、って経験が、再び、いくつもあります。そのたび「なるほどぁぁぁぁー……」と何度も何度も溜め息をつきます。ぐったり行うんだよね。
こいつ、どうすれば解決すると思います? 手提げにビニール書類かぶせちゃう? いっそカラダビニールマンにでも繋がる? やです、なぞひわい(どうしてです)。
ソリューションとして速いのはね、降水と仲良くなることですね。降水って馴染みになるんですよ。
濡れる? ノンノン、雨粒をぶつけるって、連中なりのスキンシップだからアレ。……今しがたという言ってる主旨変わったな。
今しがた述べた「青春のゼロサイト」が一つの前例だ。「俺、お前陣と共に走り抜けてるんだ……!!」という独特のワン景観をお届け。
まとめ。雨具に不満があるなら扱うな。使わずに降水といった対話し、繋がりを深めることが元気浄化にも良し。穏やかだし、雨粒って無限に降ってくるからヒロイン決定放題のギャルゲーだと考えたらいまやハーレム。俺はへんたいですな。LINE掲示板でQRコードを交換できるサイト