子どもの恋人と中学の娘といった

あたしは19歳で結婚して20歳で長女をお産しました。その子どもが19歳で成婚し女房に!
つまりあたしは39歳でおばあちゃんになってしまった訳です。
39歳で赤ちゃん産む他人沢山いるので、赤ちゃん抱っこしてたら強要赤ん坊だと思われてました。
子どもって子どもの恋人と中学の娘といった孫とあたしでご飯に入った店頭で 人員に
全部赤ん坊ですか?って聞かれた事も今では嬉しいキャリアだ。
実に孫と言うより赤ん坊みたいな感覚で、女房が会社でゼロが多かったから可愛らしく二人で出掛けたり
一緒に寝たり・・小学生高学年まであたしと共に寝てたのは秘密の相談。
何をするのもセットだったなあって懐かしく思い起こします。
あんな孫もとうに中学生2年生。
変声期もおわり、自宅にいても自分の客間から出てこない。
うら寂しいあたしがちょっかい取り出しに行くという、しぶしぶパートナーを通じてくれます。
けれど、それもあと少しかなぁ
ハイスクールに身近といるほうが多くなるだろうし、もしかしたら恋人が出来るかもしれないし
そうなったらお婆ちゃんなんて相手にして買えなくなるな!なんて考えただけでも寂しくて死にそうです。
も、主人が大人になって23歳で結婚したとして、あたしは64歳で曾お婆ちゃんになる目的で
少し子守りが出来るお年だ。
こうなったらひ孫をこういう手法に抱きつく事を生きがいとして頑張ろうという今日この頃だ。http://realchoiceinillinois.org/