古代のギンギンネーム

仕事がら、坊やの人名を見極める際は多い。
父母が坊やに塗りつける人名。
それはいやにゴダイゴが歌った
「ビューティフルネーム」筈という。
も、なぜ耐え難い漢字を用いたがるんだろう?
単に画数が多いと言うだけでなく意図も繁雑
普通は使わないような漢字を使う人が多い。
必ず辞書片手に一所懸命考えているんだろうなあという
思うと微笑ましい気がするけど、そういった父母の機嫌は
「重い」って人生、坊やは思わないだろうか。なんちゃって。
ギンギンネームは現代の和風だけのものだったのかしら。
そういう質問が脳裏をよぎり始めて、何かと考えたり始める。
古代の王家の人名は、「土壌による一品」「乳母の生地」
等ばっかり。
葛城皇子(旧型は中大兄の皇子と呼んでいました)は葛城氏が
乳母だったのではないかと言われているし。
そんな事を思いながら古代天皇家屋の系図を見ていたら
素敵な人名を見つけてしまいました。
「桜井弓張皇女」(さくらいのゆみ弾性のひめみこ)ね?
素晴らしいかわゆい人名です?
敏ら天皇の皇女なんですけど、「桜井」は土壌から来ているとして
「弓張」というのがなんともアトラクティブ。
そうしたら「星河クィーン」(ほしかわのじょおう)
古代にそんな望ましい人名があるなんて熱情!と思った。
勿論、これらの人名も生みの親はそんなに単純なのかもしれなけど
その人名の付け方に父兄の「機嫌」が秘められているようで
ならない。