別途無意識に、やつを気持ちよくさせて要る事があるようです。

女が何時に無くご感情で一部分から帰って来ました。話を聞いてみるとコンビニエンスストアのアルバイトって兼務の一部分チームメイトがいるらしく、昼休みにみんなで食事をしている時に、コンビニエンスストアのレジではゼロ会計ごとにクライアントの大体のダミー年齢をレジに打ち込まなければ会計が出来ないメカニックスになっているのだという話で盛り上がったそうです。仕事帰りにコンビニエンスストアに行動のあった女はその物語を思い起こし、レジの若々しい男児が打つその目先を覗き込んだそうです。そうするとその男児は29年代のレジ鍵を打ったのだそうです。おやっと思いながらもわずか気分の上がった女は、一気に今度は電子儲けの料金を届け出し、男児の目先を再びじーっと覗き込んですところ、またしても29年代の鍵を打ったとの事だ。とうに気分は花盛りだ。なぜならウチの女は50値段末日だ。どう見ても29年代に見える筈はなく、それは当人も重々分かってはいるのですが、ともかく女子ですからねぇ、初々しい男児に自分の年齢を幼く見て味わうのは有難いようです。普通に考えてその男児がただ適当に目についた鍵を押しただけの実例なのは明白なのですが。またはコンビニエンスストア満杯のこの時代に人物獲得の手段として、目先を見られていることを知っていてわざわざ若い年齢の鍵を打つようにしているのかな。まず、それはないでしょうが、うちの女はこれからはそのコンビニエンスストアにずっと伺うそうです。こちらへ